結婚の準備に欠かせない結婚指輪の用意に

結婚指輪の準備についてのアドバイス



つけるタイミング

結婚指輪はいつからつけるものなのでしょう。意外と結婚指輪をつけるタイミングを迷ってしまうカップルもいるようです。結婚式と結婚の届けを出すタイミングは多くの場合ずれています。また結婚式をしない場合もあり、結婚というものをどのようにとらえるかによっても結婚指輪をつけるタイミングは違います。結婚指輪をつける決まりなどは一切ありません。結婚式より半年も前であっても、結婚指輪を購入してすぐにつけたいと思えばそれでもOKです。ただし結婚式を控えて、もしなくしてしまったりすると困るので注意しなければなりません。

結婚式で指輪の交換をしても、実際に役所に結婚の届けを出した日から結婚指輪をつけるというカップルもいます。それがそのカップルの記念日としてとても深い意味を持つなら、それも良いのではないでしょうか。逆に結婚式の前に届けを出したカップルでも、結婚式までは指輪をつけないという場合もあるので、それぞれのカップルの結婚式、結婚の届けなどの考え方にもよるようです。どちらにしても結婚指輪をつけることで、二人の関係を大切にしようという気持の表れなので、特に他人が決めることは何もありません。結婚指輪はどのようなものであろうと、いつから使用するかなど本当に自由です。

 

失敗しないために

結婚指輪に関する失敗についてのご紹介です。例えば宝石の一切入っていない結婚指輪を選んだけど、結局婚約指輪とダブルでつけたときに、なんとなく寂しいと思った人も結構います。結婚指輪に小さな埋め込みダイヤなどが入っていれば、ずっと華やかになったはずです。しかし逆に小さなダイヤの埋め込まれた結婚指輪を購入した人の中にはいつもつけっぱなしのため、だんだんダイヤ部分の輝きが濁ってしまうことに不満を感じている人もいます。やはり購入するときに、自分の好みなどしっかり考えて購入するようにしましょう。

また結婚指輪をなくしてしまって、パートナーに言いにくくて困ったという人も結構いるようです。そのため結婚指輪は、サイズがしっかり合っている状態にしておくことが大切。宝石店でも調整してもらえるので、特に緩めになったときには注意しましょう。知らないうちにスルッと抜けてしまうこともあるので注意したいものです。他にもデザインについての後悔が結構あります。ずっと使用するからこそ、デザインはしっかり選ぶようにしたいものです。簡単に選んでしまうと後で後悔することになるかも知れません。例えば1万円違うだけでも、随分いろいろなデザインがあります。ずっとつけ続ける結婚指輪だからこそ、少しのオーバーにこだわりすぎないことも大切ではないでしょうか。

結婚指輪の準備

結婚指輪の準備について考えてみましょう。結婚指輪は結婚が決まったら、式までに揃えるものですが、どのようなタイミングでいつまでに揃えるようにすると良いのか。結婚指輪というと、結婚してから夫婦二人とも肌身離さずつけておく指輪、結婚の証というイメージがあります。9割のカップルが購入します。婚約指輪はプロポーズのときや結納のときまでに購入することがほとんど。しかし結婚指輪は結婚式までに揃えることがほとんどです。

結婚式を行う人は結婚式に結婚指輪を交換するため、どうしても結婚式に間に合うように購入することになります。既製品なら購入した日に手に入ることがほとんど。セミオーダーやフルオーダーの場合は数日かかるので注意しましょう。日数は宝石店によっても違うので、しっかりチェックすることも大切です。

では結婚指輪はいつから探せばいいのでしょう。既製品の結婚指輪でもサイズ直しがあるので、最低でも結婚式の1カ月前に購入しておくことがおすすめです。せっかくの結婚指輪なので、結婚が決まったらデートのたびに結婚指輪を意識的にチェックしておくのもいいかもしれません。それも1つの楽しい時間ではないでしょうか。大体結婚指輪を決定するのは、結婚式の約3カ月前というカップルが多いというアンケート結果もあります。

注意すべきことはあまり前から購入してしまうと、指のサイズが変わってしまうことがあるので注意しましょう。結婚が決まったことで、いろいろ忙しく痩せてしまう人や逆に安心して太ってしまう人など、特に女性はサイズの変化は大きいと言われています。そのためやはり1~3カ月前程度に購入するのがおすすめと言えそうです。